多能工 SIMOSAWA SHUKI

直営室

下沢 周希

東部総合職業技術校 建築設計コース
2015年入社

多能工とはどんな仕事ですか

多能工は測量、土木工事、鉄筋組立、型枠組立、コンクリート打設、足場組立の6工種をはじめ工程表作成、原価計算まで行う現場技術のオールラウンダーです。自社が直接施工する工藤建設の一つの強みだと思います。

なぜ多能工になろうと思ったのですか

幅広い工種を経験できるからです。他の建設会社で、社員がここまで広範囲の技術を担当することはなかなかないと思います。毎日が勉強ですし、新鮮ですね。更地から現場に入って日々変化する状態を見ると達成感があります。

どうやって技術を身につけるのですか

入社後すぐ富士の教育訓練センターで研修を受けて必須の知識や作業に必要な資格を取得。その後、現場に出て上司や先輩から直接色々な技術を教わります。先輩の仕事を見ながら真似て自分のものにしていく感じですね。

思い出深いエピソードはありますか

入社3年目でようやく班長を任され、現場を同期2人だけで施工し、完工できた時は嬉しかったですね。もっと経験を積んで多能工としてレベルアップしたいです。職位としてはあと2年くらいで主任になるのが目標です。

NEXT
建設事業部工事課(現場所長)大野 哲治
建設事業部工事課(建設施工管理担当)村松 正哉
建設事業部営業課(建設営業担当)宮本 直紀
住宅事業部工事課(住宅工事担当)畑 秀平
住宅事業部営業課(住宅営業担当)森田 浩嗣
住宅事業部営業課(エクステリア担当)大滝 悠以
多能工(直営室)下沢 周希
建物管理事業部建物管理課須崎 賢吾